OCNモバイルONEをやめたくなったとき

わたしは数か月前にソフトバンクのガラケー・ホワイトプランから、格安スマホに変更しました。

変更当初はスマホの便利さや機能の豊富さ、そして実際にソフトバンク・ガラケーよりも月々の支払いが安くなったことに大満足していました。

わたしの格安スマホのSIMカードはOCNモバイルONEを使っています。購入を検討する段階でOCNモバイルONEのSIMカードはデータ通信専用であり、MNPは出来ない、ということは十分理解しておりました。

データ通信専用のSIMカードでも050plusを使えば自分の電話番号が持てるので、相手が電話に出られないときでもこちらの電話番号は相手の携帯・スマホに残るので問題ありません。

問題は050plusでかけられない番号があることです。

050plusの不便さを、あらためて感じる。0120につながらない

050plusは110番119番に電話できません。さらに050plusは0120も繋がらないとわたしは思っていましたが、正確には0120に繋がらないのは相手の事情によるものであるとのことでした。

フリーダイヤル(0120、0800)、ナビダイヤル(0570)、テレドーム(0180)への接続について

OCNモバイルONEを申し込んで、合わせて050plusも申し込んだ時点では、0120に電話できないことはそれほど問題視していませんでしたが、ここ最近どうしても0120に電話をする必要がたびたび発生してしまい、とても困りました・・・。

自宅の固定電話は数年前に解約しております。ソフトバンク・ガラケーも格安スマホに移行して数週間様子を見た後に「これからは格安スマホ1本でやっていくので、ガラケーは必要ない!」と確信してソフトバンクショップに出向いて解約しています。

つまりわたしの手元にはOCNモバイルONEのSIMカードが入った格安スマホしかありません。

050plusを契約して電話番号もありますが、0120に電話したくてもできません・・・。ちなみにLINE電話も0120には電話できません・・・。

出先で0120に電話しようと公衆電話を探しても、なかなか見つかりませんでした。いつのまにかコンビニから公衆電話は無くなっていたことにあらためて気づきました。

格安スマホ、格安SIMを購入する際は”音声通話つき”のほうが

格安スマホの市場は急拡大しているように感じます。日々新しいサービスや容量の追加などがおこなわれており、これからしばらくは各社から次々に新たなサービスが発表されるかと思います。

わたしが数か月前に格安スマホを検討したときはOCNモバイルONEと合わせて050plusを選択したことは間違っていなかったと思います。価格的にもサービス内容的にもベストの選択だったと思います。

しかしわずか数か月で状況は変わってきました。

各社から音声通話付の格安SIMが売り出されている現状では、OCNモバイルONEと050plusに優位性があるとはわたしには思えません。OCNブランドという信頼性やOCNプロバイダーユーザーがOCNモバイルONEをある意味自動的に選択する余地はまだまだあるのかもしれませんが、MNPができないことや音声通話が付いていないOCNモバイルONEのSIMでは他社の音声付きSIMより見劣りするように感じます。

わたしにはOCNモバイルONEも音声付きのSIMを、他社に負けないような魅力的なプランで早急に出してもいい状況になっているように思います。